<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< no title | main | 落語鑑賞 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

東京電力が17年ぶりに供給カット

冷蔵庫の製氷機があまり氷をつくらないのもそのせい?

私は例年あまりクーラーを使わないんです。
お盆前より涼しくなった気がするけど,私だけ?

私が出演するラジオ局がある場所は,関東の中では暑い地域。
私が出演する時はいつも快晴。梅雨時を含めて,雨が降った事は殆ど無い。
私って晴れ女☆
なんて言ってる場合ではない。最近スタジオのエアコンが壊れているから。
むしろ迷惑女メインの人はニュースなど読む原稿が多いから汗だくで喉カラカラ。

そんな事はともかく,私のコーナーはまだ交通事故に遭った時のアドバイス(詳細↓続き)まだまだ交通のポイントはあるのだけど,来月からは一旦交通以外のネタにする予定です。今回は損害賠償=示談金について。具体的な示談の話に入る前に,「損害賠償にはどんなものがあるか」の説明でした。

「ドルフィン・ソング」TheFlipper'sGuitar
ラストの‘ホントの事知りたいだけなのに夏休みはもう終わり’のフレーズがぶりっ子し過ぎで,これがなければな〜,と当時(高校生)思っていたものです。
その通りもうす一般の高校までの夏休みはもう終りますね。思い残す事無く楽しみましたか?宿題おわりましたか?私みたいに2学期始まってから授業までに突貫工事でやってませんか?

「those were the days」Mary Hopkin

「ぼくらが旅に出る理由」小沢健二

「Night Deluxe」 Lead
これLeadの代表曲の1つで,サビの前に腰をグラインドするフリがあり,そこで客席の女子達から‘キャーー!!’と歓声が上がるのがお約束なんですわ。それはあくまでも「ダンスのフリ」のレベルなんだけど
この間のツアー最終公演では,それを意識してか,股に手を当てて腰をグリングリン回しているメンバーが居て,さすがに
やり過ぎだわ。オバチャンの私から見ても。
歓声が凄くて喜ばれたみたいだから成功だけどね。
観てる方がヘルニアになりそうでした。

「ムーン・リバー」小野リサ
ヘンリー・マンシー二の名曲をカバーしたもの。

「If You Come Back」KyoheiKaneko
サビをファルセットで歌うところ,美声でうっとりします。
今回は,交通事故の「損害賠償金」について。具体的な手続きの話に入る前に,損害賠償金にはどんなものがあるかを説明します。

まず,損害賠償金(示談金)とは何か
-事故の怪我の治療や物(車など)の修理が終わり,示談の際に請求する賠償金です。
 事故による色々な費用の損失を合計して,過失割合(=事故が起きた原因の責任の割  合)に応じて計算して,支払ってもらうもの。

<人身事故の賠償>
治療費:事故の怪我の治療に必要な実費。入院費や手術費,診察料等。
入院雑費:事故の怪我で入院が必要になった場合に請求できる。
     実際の交渉や裁判では,保険会社や法律家が定めた1日当たりの金額で計算す     る事が多い。
     入院中の新聞代,卵や牛乳等の栄養補給食品,ガーゼ等の衛星用品等。
付添看護:入院看護と通院看護がある。どちらも認められにくい。
     現代医療では殆ど入院は完全看護で,入院費用に看護料も含まれているから。
     認められるのは小学生以下の子供の入通院。その年齢では完全看護でも家族の     付き添いが必要で,通院も1人でじゃ厳しいと考えられるから。
     要※医師が必要性を書面で証明。付添人の勤務先での休業損害証明書。
通院交通費:名前の通り。原則,公共の交通機関の料金か,車のガソリン代。
      タクシー代は,怪我の状態によりどうしても必要な場合(電車に乗れない程      の怪我など),家と病院の立地条件等でタクシーを使わないと通えない場合      で,事前に相手方保険会社が了解した場合。
休業損害:原則,事故の怪我のために仕事が出来ず収入が得られなかった分を請求。
        職業によって請求方法や内容が違う。
慰謝料:事故による怪我の痛み等,肉低的,精神的苦痛の賠償。
    後遺障害慰謝料,亡くなった場合の慰謝料とは別で,それらと区別するために     「傷害慰謝料」とも言う。
後遺障害慰謝料:怪我が完治せず後遺障害が残った場合の補償。
        後遺障害認定機関が後遺障害を認定した場合に請求。
        後遺障害の等級等により算定。
死亡慰謝料:被害者が亡くなったことに対する補償。
逸失利益:被害者が亡くなった場合や後遺障害が残った場合に請求。
     「本来得る事が出来たであろう収入」を計算して請求する。
     後遺障害の場合は,等級等により,働く能力がどれ位の割合,何年分落ちたか     を計算して請求。(仕事への能力が何%何年落ちたか)
将来の介護費用:後遺障害1級2級3級で,手足の不自由や精神神経に著しい支障が残った        場合,日常生活を自分の力で行う事が出来ない場合に算定して請求。
葬儀費用:被害者が亡くなった場合。全額認定されたケースは殆ど無い。
その他:装具費用,事故による旅行キャンセル代金など。

<物の故障や破損への賠償>
車や眼鏡など
修理費:名前の通り,車の修理費用。修理可能かどうか判断する。
レッカー代:事故で車が走れない状態になり,事故現場から最寄の修理工場へ搬送するた      めの実費。
代車代(レンタカー代):事故で車を修理する間,生活や仕事でどうしても車が必要な場           合など,他の車を借りたり代わりに使った代金。
           レンタカーが必要になった場合はその実費。
           必要性・妥当性が厳密に調べられる。
格落ち損害:査定落ち。
      将来買い替えをする際に,事故の為にその評価額が落ちる分を損害賠償請求      する。現実には損害を証明するのは難しい。

物の損害には「慰謝料」は殆ど認められない。
慰謝料は「事故の怪我による肉体的精神的苦痛に対する賠償」
「大事な愛車が故障したショックへの慰謝料」の請求は難しい。
事故で故障した車が,ビンテージや世界に1つしか無い物などの例外もあり。

あくまでも一般論なので,困った時は専門家に相談して下さい。
参考文献:『民事交通事故訴訟・損害賠償算定基準(通称・赤い本)』
アリエル * お仕事日記 * 13:16 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:16 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ